信頼と実績 フリーダム探偵社

不 倫 調 査

 

不倫で何をつかめるのか? その不倫に求めているものはなにか? 

不倫は相手と自分の人生を大きく変える要素を持っています。不倫されている方々それぞれに立場や環境の違いはあります

が、悩むこともあると思います。

フリーダム探偵社では、様々な不倫の悩み・不倫問題に対処し完全解決に向けて、関連会社フリーダム・サポート(https://freedom-counseling.jimdo.com/)とともに取り組んでいます。

ご依頼人様の理想とする不倫の目的まで、一緒になって考え・行動してまいります。あくまでも夫婦関係が再構築出来るよ

うにすることが、弊社の本来の考え方です。

 

不倫の関係

「不倫」とは、既婚者が配偶者以外の異性と男女関係にあることを言いますが、独身者が既婚者と恋愛して男女関係にある

ことも「不倫」と言えます。

不倫」は、倫理に反すること、人の道から外れたこととして非道徳との意味を持っております。

結婚すると、人は貞操義務が課せられます。配偶者以外の異性と性行為をしてはいけないと法律に定められ、結婚後は、ご

自分の配偶者以外の異性と性的関係を持ってはいけないことになります。不倫は「不貞行為」として不法行為になります。

いわば、法律違反なのです。

不倫という罪を犯した場合「共同不法行為」として本人同士共同責任に問われ、一方的にどちらかが悪いというわけではあ

りません。

既婚者とは知らずに不倫関係になっていた場合は別ですが、既婚者側の配偶者から慰謝料請求されると不倫の両者に支払い

義務が課せられます。

 

自分だけのものにしたい欲望

既婚者側に子供がいるといろいろ制約が増えてきます。

会いたいのに会えない」という辛さから相手が既婚者だというを実感し、結婚生活や配偶者・子供のことを考え人のも

という現実が鮮明になります。不倫関係を続けていくことで自分のもの」にしたいと考えるのです。

我慢しながらの恋愛は辛い恋愛ですが、相手の既婚者が辛さを感じさせない器量持ちの場合には、楽しい不倫関係が続くか

もしれません。

 

本気の不倫なら既婚者も辛い

既婚者側も結婚しているもどかしさを感じ、辛い不倫になることがあります。すぐにでも離婚して不倫相手のところに行き

たい気持ちがあっても、叶わない夢となって不倫相手と一緒に過ごす時間だけが癒されて自分らしくいられる時になるので

す。家庭を選ぶか不倫相手を選ぶか常に葛藤している人は多くいます。 遊びのと違って不倫にはそれなりのリスク

もあります。

人生は一度きり、我慢して 結婚生活を続けていくよりも自分の気持ちに正直に生きたいと感じて人生をリセットすること

も必要でしょう。不倫相手を選ぶ場合には不倫相手の器量が相当に必要となります。独身者からすれば略奪愛ですが、自分

が選んでもらえる人であることで辛い不倫から抜け出し本命の人になれるのです。

不倫の悩み・不倫問題については無料にてご相談をお受けいたしております。完全秘密厳守体制ですので安心してご相談く

ださい。横浜の探偵社フリーダム探偵社が最善の解決策をお教えいたします。

 

独身者も愛情が憎しみに変化

独身者は、既婚者が離婚してくれないのでこのまま愛し続けて良いのか不安になります。お互いに気持ちが同じで意思の疎

通があれば、安心して不倫という恋愛を続けられますが、不倫を続けて行くことで本当に幸せになれるのか不安が生じ既婚

者を責めます

安心することが出来なくなることで独身者の人は既婚者に執拗に強く求め、現実的に物事を考えます。将来に不安がある中、

既婚者の「結婚しよう」という言葉だけを信じています。最初は、不倫の楽しさから「今」が楽しければ良いと感じます。

時間が経つにつれ相手を「自分のものにしたい」と考えます。そんな時に、不倫の関係を解消したいと告げることで状況は

一変します。一緒になれないと感じることで自暴自棄になったり、時間を返して」、「責任を取って」と言い愛情のあっ

た相手でも豹変し、その気持ちは憎しみへと変わります。

 

強い意思で

不倫相手と不倫を解消する場合、別れを決断しなくてはいけません。

相手によっては、脅してきたり、ストーカーのように付きまとってくる人もいます。弱い自分を見せて相手の気を惹き気持

ちを繋ぎ止めようとする人もいます。新たな恋人が出来たと思い込み嫉妬に走る人もいます。

別れよう」と伝えた途端に「会社や旦那(奥)さんにバラす!」と。別れたいと決心したからには、相手の脅迫や弱さ、

情に負けてはダメです。不倫に迷いがある場合、それは本物の恋愛とは言えません

独身者も真剣だったからこそ怒りに変わるのです。

 

配偶者の不倫を解消させたい

不倫発覚直後に慰謝料請求や離婚する人はあまりいません。

夫婦として円満に解決する方法を見つけようとします。関係が遊びなのか?離婚を考えるほど本気になっているのか?確認

します。期間なども確認したほうがいいでしょう。話し合いの場での注意は、感情的にならずに冷静に話し合いを進める

とです。

不倫された苦痛をぶつけるための感情的な話し合いでは意味がありません。よく、「不倫した人が悪い」と思われますが、

結果論であり不倫された側は全く落ち度が無いということはないのです夫婦としての関係に隙間があるからこそ不倫とい

う関係が生じてしまうのです。原因やきっかけは不倫された側にもあります。不倫相手と直接会ったり、配偶者と今後のこ

とを話し合ったり、身内を呼んで家族会議する人もいますが、そんな話し合いでも解決しない場合があります。それは、不

倫から本気になってしまっている場合です。良い夫婦関係を再構築するために多くのご依頼を頂いております。

 

Copyright (c)2012 Freedom探偵社 All Rights Reserved.