弁護士に聞いてみよう!!  

 

弊社では、顧問弁護士による、「質問&回答」が可能です。探偵に依頼されて得た情報をどのように活用して

 

いるのか、また、探偵からの報告のその後、どのように動いたらよいのかなどなど、お気軽にご質問ください。

 

なお、担当は弁護士事務所、『アーライツ法律事務所』となっております。 

 

ご質問は下記の「フォーム」からお気軽にお願い申し上げます。

【訪ねたい内容 例「痴漢問題」

 

    実際に痴漢をした、していないに関わらず、痴漢容疑で現行犯逮捕された場合、ほぼ有罪になると

 

    いわれていますが、無罪を主張するのが難しいという痴漢の性質もあり、痴漢を受けたと虚偽の被

 

    害申告をするという行為があるのも事実です。

 

    さらに、虚偽申告を人と協力していて、実際には痴漢をされていないにも関わらず、「私は見た」

 

    など、虚偽の証言をするという悪質なケースもあります。

 

    実際に、痴漢されていないにもかかわらず、虚偽の被害申告をしたり、周囲にいた人が虚偽の証言

 

    をした結果、疑われた人が逮捕・起訴され、場合によっては有罪判決を受けてしまった場合、虚偽

 

    申告をした人、虚偽の証言をした人はどうなるのでしょうか。

 

    ⇨刑事上の責任について

     警察等に虚偽の告訴等をした場合には、虚偽告訴罪(刑法172条)が成立する可能性があります。

     また、虚偽の被害申告によって、加害者とされた人が逮捕・起訴・有罪判決を受けた場合、その

     人の社会的評価を低下させたと言えるので、名誉毀損罪(刑法230条1項)が成立する可能性があ

     ります。さらには虚偽の被害申告によって、警察等の捜査機関が捜査を開始したような場合、「

     偽計」で、警察等の「業務」を「妨害」したと言えますので、偽計業務妨害罪(刑法233条)が成

     立する可能性があります。

 

    ⇨民事上の責任について

     虚偽の被害申告によって、加害者とされた人の名誉等が侵害されたと言えるので、虚偽の被害申告

     をした人は、不法行為(民法709条、710条)に基づく損害賠償義務を負う可能性があります。

 

    ⇨虚偽の証言をした人の責任について

     刑事裁判あるいは民事裁判において被害者側の証人として出廷し、実際には見ていないにもかかわ

     らず、見たとの証言をした場合、その人には、名誉毀損罪あるいは偽証罪(169条)が成立する可

     能性があります。

 

 

ご質問フォーム

メモ: * は入力必須項目です

Q&A

   | 001-007-00001 「弁護士費用について」

     綾乃(仮称)

     Q : 御社より費用の高い法律事務所があったのですが、弁護士費用は、どのように決める

         のですか。

 

     A : 弁護士費用は自由化されていますので、費用の額も、弁護士によって大きく異なって

         きます。ただし、費用が高い弁護士が良い弁護士であるとは限りません。

 

 

     ミッキー(仮称)

     Q : 弁護士費用は、いつ、お支払いすればよろしいでしょうか。

 

     A : 事案を開始する前に着手金を支払っていただき、終結した時点で報酬金を支払ってい

         ただきます。支払い方法は、現金またはお振込みでお願いしています。

 

 

     いずみ(仮称)

     Q : 弁護士費用の分割払いは可能ですか。

 

     A : 基本的には一括払いでお願いしていますが、事案に応じて、どうしても一括払いがで

         きない場合(債務整理など)は、条件等お問い合わせください。

 

 

     雅恵(仮称)

     Q : 途中で弁護士を解任する場合、費用はどうなりますか。

 

     A : 着手金は、原則ご返金できませんが、お問い合わせください。

 

   | 001-007-00002 「裁判費用について」

     一男(仮称)

     Q : 裁判をする場合、弁護士費用の他に費用は必要でしょうか。

 

     A : 印紙と切手費用が必要です。

         200万円の貸金返還請求の裁判をする場合、印紙が15,000円、切手が600

         円くらいかかります。

 

 

     美由紀(仮称)

     Q : 依頼者が、法廷に行く必要がありますか。

 

     A : 裁判所自体に行く必要はございません。法廷は、平日昼間に開かれるため、来られな

         い方も少なくありません。ただし、本人尋問で法廷で証言して頂く日のみ法廷に来て

         頂く必要があります。

 

 

     三郎(仮称)

     Q : 裁判で負けたとき、相手の弁護士費用を支払わなければいけないのですか。

 

     A : 訴訟費用は負けたほうが負担しますが、印紙や切手の料金等のことをいい、相手の弁

         護士費用は含まれません。通常は負けた場合でも相手の弁護士費用を支払う必要はあ

         りません。ただし、交通事故の損害賠償請求のような場合、裁判で決定した損害賠償

         額の1割について、弁護士費用として損害賠償が認められています。

 

     サーコ(仮称)

     Q : 裁判で勝った場合でも、相手がお金を払ってこないことはありますか。

 

     A : ありますが、その場合、相手の財産の差押えを行って回収します。預金、不動産、給

         与など対象となります。

 

 

 

   | 001-007-00003 「痴漢について」

     こうじ(仮称)

     Q : 痴漢について詳しく教えてください。特に冤罪ってあるのでしょうか。

           実際に痴漢をしていないにもかかわらず、現行犯逮捕された場合、ほぼ有罪になるとい

         われていますが、無罪を主張するのが難しいという痴漢の性質もあり、痴漢を受けたと

         虚偽の被害申告をするという行為があるのも事実です。

         さらに、虚偽申告を人と協力していて、実際には痴漢をされていないにも関わらず、「

         私は見た」など、虚偽の証言をするという悪質なケースもあります。実際に、痴漢され

         ていないにもかかわらず、虚偽の被害申告をしたり、周囲にいた人が虚偽の証言をした

         結果、疑われた人が逮捕・起訴され、場合によっては有罪判決を受けてしまった場合、

         虚偽申告をした人、虚偽の証言をした人は何らかの責任を負うのでしょうか。

 

     A : 刑事上の責任について

         警察等に虚偽の告訴等をした場合には、虚偽告訴罪(刑法172条)が成立する可能性があ

         ます。

         また、虚偽の被害申告によって、加害者とされた人が逮捕・起訴・有罪判決を受けた場合、

         その人の社会的評価を低下させたと言えるので、名誉毀損罪(刑法230条1項)が成立する

         可能性があります。さらには虚偽の被害申告によって、警察等の捜査機関が捜査を開始し

         たような場合、「偽計」で、警察等の「業務」を「妨害」したと言えますので、偽計業務

         妨害罪(刑法233条)が成立する可能性があります。

 

     A : 民事上の責任について

         虚偽の被害申告によって、加害者とされた人の名誉などが侵害されたと言えるので、虚偽

         の被害申告をした人は、不法行為(民法709条 710条)に基づく損害賠償責任を負う可能

         性があります。

 

     A : 虚偽の証言をした人の責任について

         刑事裁判あるいは、民事裁判において被害者側の証人として出廷し、実際には見ていない

         にもかかわらず、見たとの証言をした場合、その人には、名誉棄損罪あるいは

         偽証罪(169条)が成立する可能性があります。

 

 

 

 


Copyright (c)2012 Freedom探偵社 All Rights Reserved.